Travel Athlon

心も体もととのふウェルネス旅へ

駅や温泉街から徒歩で巡れる!鬼怒川温泉のオススメ散策スポット9選

鬼怒川温泉駅や温泉街の宿から徒歩で巡れる、オススメの散策スポットを9選ご紹介します。

一気にグルっと巡ることも可能ですし、気になったスポットのみに訪れてみるのもOK♪

鬼怒川の大自然を感じながら美しい景色の数々と出会えるので、ぜひチェックしてみて下さいね!

【1】鬼怒楯岩大吊橋

駅から徒歩約10分でアクセスできる「鬼怒楯岩大吊橋」

温泉街と楯岩を結ぶ大きな歩行者専用の橋で、長さ140m・河川からの高さ37mもある見事な吊り橋です。

耐荷重は42tあるとのことですが、吊り橋という構造もあり、想像以上に揺れがあるのに加え、やや広めに感じられる柵と橋の隙間からは眼下を流れる鬼怒川が良く見え、スリルも楽しめます!

「縁結びの橋」として知られている他、記念撮影スポットとしても人気なので、ぜひ訪れてみて下さいね♪

【2】楯鬼

鬼怒楯岩大吊橋を渡るとすぐにお出迎えしてくれるのが「楯鬼(たてき)」

温泉街のあちらこちらに設置されている鬼のモニュメントで、盾鬼は7番目の鬼です。

全ての鬼を巡って幸福を願う「七福邪気めぐり」や、スタンプラリーなどの催しも行われているので、ぜひ参加してみてはいかがでしょう?

【3】楯岩トンネル

鬼怒川温泉駅から徒歩約15分~20分でアクセスできる「楯岩トンネル」

鬼怒楯岩大吊橋からは徒歩3分ほどで、楯鬼の後ろから続く階段を上って、遊歩道を展望台方面へと歩いて行くとすぐに見えてきます。

会津と東京を結ぶ小佐越新道の脇道として作られた手掘りのトンネルで、長さは72mあります。

通ってみると、手掘りならではの凸凹とした壁面が続き、当時が偲ばれます。

異世界に続いているような、ちょっと異空間のようなワクワクが感じられるトンネルなので、ぜひ歩いてみて下さいね♪

【4】誕生鬼モニュメント

楯岩トンネルを抜けると、すぐに見えてくる「誕生鬼モニュメント」

鬼怒川温泉街のシンボル的存在である「鬼怒太(きぬた)」は、この「鬼怒楯岩(きぬたていわ)」の語感からイメージして名付けられたことから、鬼怒太誕生の地を記念してこちらに設置されています。

楯岩展望台のすぐ前にあるので、ぜひ合わせてチェックしてみて下さいね♪

【5】楯岩鬼怒姫神社

誕生鬼モニュメント、そして楯岩展望台のすぐ横に位置している「楯岩鬼怒姫(たていわきぬひめ)神社」

縁結び・子宝・長寿・商売繁盛及び金運の御利益があるとされていて、特に縁結びと子宝祈願にはオススメとのこと!

ぜひ心をこめて御祈願してみて下さいね♪

【6】楯岩展望台

河川から約104mの高さにある「楯岩展望台」。

誕生鬼モニュメントと楯岩鬼怒姫神社の奥に位置していて、やや急な階段を上っていくと頂上に到着します。

展望台は楯岩より高い位置にあり、前方には鬼怒川温泉の全景が広がっています。

現在は故障中で使用できませんが、頂上には「縁結びの鐘」が設置されていて、縁結び橋である鬼怒楯岩大吊橋と共に巡れば恋愛運アップ間違い無し!

ちなみに楯岩は別名「子宝岩」とも呼ばれているので、女性に特に嬉しいパワースポットかもしれませんね♪

【7】古釜沢・古釜の滝・末広池

展望台を後にしたら、再び楯岩トンネルを抜けて鬼怒楯岩大吊橋の手前(楯岩側)まで戻りましょう。

先ほど展望台方面へと進んだ分岐を今度は反対側に行き、「古釜沢・古釜の滝・末広池」の3つを見学しましょう!

こちらは分岐から徒歩約5分でアクセスでき、遊歩道を400mほど下っていくと「古釜沢」に到着します。

この沢は日光市小佐越の古釜地区を源にしていて、沢沿いに家屋などがないことから、天然の岩魚や山女魚、かじかなどが生息する美しい清流です。

自然が造りあげた三段からなる「古釜の滝」や、縁起のいい扇形の「末広

池」があります。

末広池

古釜の滝

滝の音や澄んだ水など、しばし時間を忘れて水辺の情景を楽しんて行かれてはいかがでしょう?

 

【8】鬼怒太(鬼怒川温泉駅)

古釜沢の鑑賞を終えたら、鬼怒楯岩大吊橋を渡って、鬼怒川温泉駅へと向いましょう。

古釜沢から駅までは徒歩15~20分ほどで到着できます。

駅前でお出迎えしてくれるのは、お馴染みの「鬼怒太」

鬼怒川温泉駅や鬼怒太は、電車で訪れた方にとっては定番のフォトスポット♪

そのほか、駅周辺にはお土産屋さんやご当地グルメが楽しめるお店がいくつもあるので、ぜひショッピングも楽しんでみて下さいね!

【9】鬼怒太の湯

散策の最後に立ち寄りたいのが、鬼怒川温泉駅前にある「鬼怒太の湯」

誰でも自由に入浴できる足湯で、散策疲れを癒すのにピッタリ!

湯加減もちょうどよく、荷物を置く棚なども設置されているので、ぜひゆったりと散策で疲れた足を癒していって下さいね♪

※ご紹介している記事内容は取材当時のものです。最新の情報は公式ホームページや該当スポットに直接お問い合わせください。
※記事内で使われている写真の無断使用や掲載はご遠慮ください。